毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

オマッジオでランチ@夷川通麩屋町西入ル

2016
01
土曜日の一人ランチネタ。
結構早めに活動を開始したのでお腹が減ったなぁと、黒谷さんからランチ場所に移動。せっかくここまで来たのだから、飛込みでお気に入りイタリアンに行こうとするが、まだ開店まで30分以上あることが判明。(12:00オープンでした。11:30だと勘違い)

で、口はすっかりイタリアン!なので、1件これまたFacebookで教えてもらって、あー、これは我が家向き!と思った南イタリア料理を食べさせるお店に行くことにしたのだ。お店の名前はオマッジオ。開店は2004年なので、イタリアの地方料理を出される京都のイタリアンでも先駆けでしょうな。

オマッジオ1

お店は御所南側の夷川通麩屋町西入ルにある。以前から幾度となく前は通っているのだが、ま、機会というのはあるわけで。のんびり歩いてきたおかげで既に12:00を少し回った時間帯。外から見るとわかりにくいのだが、20席ほどのゆったりしたしつらえの、実は京町屋リノベーション物件。天井を取り払ったのかなんだか開放的な空間だ。

オマッジオ2

それなりに年季は入っているのだが、趣味の良さを感じる内装。なんだか落ち着きますな。BGMは小ボリュームでクラシックが掛かっている。 ランチメニューを確認すると¥1000、¥1800、¥2800の3種。¥2800のは二名様以上が注文可(前菜・パスタ・メインを複数人でシェアする形)なので¥1800を無条件チョイス!

オマッジオ3

んで、まあ、いつものごとく休日の昼酒モードに突入。グラス白は¥660なり。もちょっとお安いもあると更に嬉しい汗。が、まぁ、前菜盛りのサービスの良さに、ちょっと驚いてしまうのだ。

オマッジオ4

前菜は魚介のマリネ。しらうお、イワシの酢漬けにホッキ貝、アワビ!、それにたっぷり量のタコ。イタリアンパセリにほんのりガーリック、皿の上に5mmほど注いでいる驚くほどのオリーブオイル。が、オイルの質が良いのでくどくなく、さらりと頂ける。小ぶりな皿ですが、なんとも充実!しかし、驚きの答えが向こうに見えておりますが、前菜は2皿構成なのだ。

オマッジオ5

コッパ(豚肉ゼリー寄せ)、厚切りのサラミ2種、てんこ盛りな揚げ茄子マリネに茹でカリフラワー、くったり煮パプリカという肉・野菜バランスよくいただける布陣。いやー、スイカ調べですが¥2000以下京都イタリアンランチの最てんこ盛り前菜はこちら。 どれも素材の持ち味を重視している捻りは一切無いタイプで、且つ重い味付けにはしていないので、好き嫌いはありそうですが、私は非常~に大好きです。(マリネを食べると、テーブルの上が油まみれになるのが欠点かな汗)
流石にワイン2杯目を注文するか躊躇しちゃいますな。で、普段は食べるのが早い私もゆっくーりランチが楽しめるのだ。

で、パスタは当日シチリア風のイワシパスタと、こちらがチョイスできました。前菜が魚がしっかりだったので正解!

オマッジオ6

タリアテッレで、牛肉のラグーソース。グリンピースがころころと入ったなんとも優しい味のラグーで、しっかりしっこりなパスタと好相性! いやー、これもうまかったです。前菜がてんこ盛りだったのでびびったのですが、これは普通量、やや控えめぐらい。

んで、ちゃんとおいしいデザートもあるのです。

オマッジオ7

手前はバゲットにしっかりラム酒入りシロップをしみこませた自家製ババ、奥は蒸しプリン的な(名前大失念!汗)
いやー手堅いですな。最後までしっかり楽しめました。良いお店に出会えて、おなかも一杯で良きランチになりました。また来ます~。
 
 
◆オマッジオ(OMAGGIO)
住所:京都市中京区夷川通麩屋町西入ル木屋町484
営業時間:12:00~13:30(L.O) 18:00~22:30(L.O) 木休・金ランチ休
TEL:075-211-7791
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment