毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

小谷食堂で「濃い目」を頂く(2)@八幡市

2017
23
三連休の最終日、淀水路の河津桜見物ポタリングということに。
桜の状況はこちらを参照頂くことにして、その前に立ち寄ったご飯やさんネタを1つ。 お店の名前は「小谷食堂」なり。岩清水八幡宮で有名な「男山」の真東の麓あたりにあります。

小谷食堂1

実は5年ぶりほどの再訪。町の定食屋さんで、なぜだか「カレー中華」が大人気なお店。観察しているとお客さんは殆どそのカレー中華か、セットの定食ものを食べているのだ。ちゃりちゃりとやってきたら、我々と同じような本格自転車乗り一同や、ご近所の常連さん、石清水八幡宮帰りなのか叔母さん軍団ご一行などで結構盛況。

小谷食堂2

ま、雰囲気は果てしなく町の定食屋さん~、ですな。(帰りがけに席が空いたのでパチリ)小上りもありますが、そちらの席には予約札を並べていて、ランチ時はテーブル席に案内される模様です。

小谷食堂3

5年ぶりにメニュー確認。基本ほぼ変化なし!なのですが、玉子丼とカレー中華のセット¥1100が¥1000に値下げされていたこと! それにから揚げ定食¥900が追加されたこと!に気が付いたのだ。

で、今回のミッションは前回食べられなかった+¥200コストアップの「濃い目」に挑戦しようということに。注文を聞きに来てくれたおかあさんに「濃い目で!」とお願いすると「本当に濃いですよ、大丈夫ですか!」と念を押されたのだが、当然無問題。 わくわくと濃い目を待つ。

小谷食堂4

暫しの後登場した唐揚げ定食は\1100なり。嫁はカレー中華の濃い目単品なので写真割愛の¥900なので、値差¥200で唐揚げとサラダ、白ご飯がついてくるのはサービス良好なり。

小谷食堂5

すでにカレーだしではなくて、小麦粉しっかりの和風カレールーがかかっているという趣向。が、あくまでカツオ昆布だしの和風カレーなのだ。 京都で類似の濃度のカレーというと「日の出うどん」のカレーうどんがありますな。中華麺はやわやわの腰砕け麺なのですが、懐かしくもいい感じ。

今回、2人とも濃い目を頼んでしまったので、5年前のノーマル版写真を引っ張り出しますと・・

小谷食堂8

これぐらいのさらっとさ加減。濃い目のほうもカマボコや青ネギ、豚バラ肉などが入っているのですが、沈んじゃうと視認出来なくなるほどのポッテリさ。

小谷食堂6

手羽元チューリップのから揚げもちゃんと旨し。濃い目の場合はキャベツごとカレー出しにばさっと投入するのも美味しいかも。

小谷食堂7

で、当然白ご飯付きなので、和風カレーライスとして〆るも良し!なのだ。 ま、あまりお安い!とは言えないのですが、ダシまでたべちゃうと本当におなか一杯になります。なんてことない普段使いのお店ですが、なんだか、我々の心の琴線に触れる味で、またポタリング途中で立ち寄りそうな予感です。ご馳走様でした~。
 
 
 
 
 
◆小谷食堂
住所:京都府八幡市八幡山本2-1
営業時間:11:00~20;00 水休・第3木休
TEL:075-981-0221
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment