毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ラ プティ セヌでランチ(2)@古川町筋仁王門下ル

2016
04
これもちょっと前の1人ランチネタ。平安神宮のそばにいて折角のお休み日。どこぞで昼ワインでも呑もうかなあとうろついていたら、先日夜行ったビストロを思い出す。そうだそうだ、ラ プティ セヌに行ってみようということに。

ラプティセヌ1

11:30オープンで、ほぼ開店時間に到着。1人ですが良いですか~!と1人で切り盛りするお若い無口なシェフに声かけし、無事席ゲット。今日初めての客に。(嫁も過去、1人で何回かアタックし、ずっと満席だった模様。行くならオープン時間狙いですな。。)

ラプティセヌ2

ランチメニューはサラダとパン、メインの皿1というシンプルなもので¥1200。デザートをつけて¥1500という構成。今日のメインは、ハンバーグステーキにアオハタのソテー、仔羊煮込みに豚バラコンフィの4種からチョイスできるのだ。豚バラコンフィ・デザート付きでお願いしてみた。

ラプティセヌ4

で、当然予定通り昼ワインモードに突入。税込み¥700でしたが、驚くほどスムーズでなかなか良いものでした。

ラプティセヌ3

キャロットラペ乗っけ的サラダに温かく且つでっかいバゲットが登場。サクサク系なのでテーブル上をパン屑だらけにしつつ・・

ラプティセヌ5

ついつい夜メニューの確認をしてしまうのだ。お値段は普段使いの洋食店並み、お味はちゃんとビストロなのは前回夜確認済

ラプティセヌ6

で、豚バラコンフィがででーんと登場。やわやわにオイルで下茹でされてから、仕上げに表面をかりりと焼いたものですな。厚さ1cmほどの存在感シッカリサ。付け合わせの野菜もしっかりで、なんともバランスよく頂ける。

ラプティセヌ7

甘いものも手堅く美味しい。イチゴのタルトにキャラメルヌガーに、なんだっけ・・。これは付けないと損!的な。

シェフがとてもシャイな人で、料理の説明とかなーんにもないのだが、普段使いにはなんとも良いお店ですな。ずっとBGMで流れているネットラジオなのかフランス語のラジオ放送も気分。また、昼ワインしたくなったら覗きに来ます~。
 
 
 
 
◆ラ プティ セヌ (La Petit Scene)
住所:京都市左京区古川町筋仁王門下る東門前町519-3 角屋マンション 1F
営業時間:11:30~14:30 18:00~21:30 木休
TEL:075-771-0855


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment