毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Lino@衣棚通二条下ル

2017
19
で、日曜日のランチネタ。
cucina Italiana東洞ご出身のソムリエでお若いオーナーと、リストランテ美郷で料理長だったお若いシェフがタッグを組んで始められたイタリアン。まだ開店2か月ほどのニューカマーなのですが、ディナーに行ってきましたのでご報告。

Lino1.jpg

お店は地下鉄烏丸御池駅から北西に5分たらずで衣棚通二条下ルにある。18:00オープンでその時間に予約。(だはは、梯子狙いが見え見えですな汗汗)

Lino2.jpg

カウンターが6席ほど、奥がテーブル席になっていて4人掛けが3に2人掛けが1かな・・ 今日1組目の客としてカウンター席に。お店の雰囲気写真がこちら。ゆったりとした設えで、なかなかオシャレ。
ランチはコースのみ(¥1800、2500、3500の3種)なのですが、ディナーはアラカルトのみという趣向。そんなに品数が豊富な感じではないですが、季節替わりが5種類ほどスタンバっていて、お値段もなかなかお手頃。一番お高いのは宮崎牛のサーロインのグリルで¥4800、それが突出しているだけで、前菜は¥2000まで、パスタは¥2200まで、メインは¥3000前後という構成。2人なら何皿ですかねえ?と確認し、前菜1にパスタ2にメイン1か、前菜2皿にするか、計4皿で良いでしょう!とのアドバイスをいただく。 ちなみにレギュラーメニューはこちらで確認可能です。

Lino3.jpg

まずは泡が良い!とカヴァグラス¥1000をお願いしたのですが、喉が渇いていて一気呑みしてしまい見事に写真失念汗汗。それに合わせる突き出しはローストポークにサワークリームを添えたもの。しっかり豚の風味、いや美味しいですな。

Lino4.jpg

で、今日は魚系で攻めようと白で通したのだ。まずはBucci Verdicchio dei Castelli di Iesi Classico 2015なり。ブドウ品種はヴェルディッキオ。イタリアのブドウ品種はもう覚えるのをあきらめておりますが(汗)、エレガントでミネラル感しっかりなタイプ。

Lino5.jpg

まずは前菜その1、鴨ロース肉のタリアータ、アーティーチョークのピュレで¥1500なり。柔らかく火を入れられた鴨と田舎っぽいアーティーチョークがなかなか好相性。しかし、このお値段でこの盛りはちょっとありえないですなあ。

Lino6.jpg

お次の前菜その2はホワイトアスパラのビスマルク風。ビスマルクといえば玉子!なのですが、こちらはチーズを玉子に練りこんだふんわり炒り卵的ピュレソース、という趣向。これもふっとい!アスパラが4本で¥1500という、これまたあり得ないボリューム感。
バゲットがむっちり系の小麦の香りが強いタイプで、つい、どちらのお店の?と聞くと堀川玄以近くのパン店、バンブー謹製だそうな。京都市内中心部では珍しいチョイスですが、お勧めします! (玉子ソースとパンが合いすぎるので、ついついお代わりを・・・汗)

Lino7.jpg

で、次も白でお願いする。シチリアの作り手Villa Grisaの Grillo Caluなり。お手軽系なのですが、これも嫌いではないですなあ。

Lino8.jpg

パスタが美味しい!お店だと聞いていて、やっぱりお勧めを頂くでしょう!とチョイスした生雲丹の自家製タリオリーニなり。ほろほろ、しこしことした存在感抜群な手打ち麺に、クリーム系ではない雲丹ソースが絡みまくり! シェフ曰く、クリームでは面白くないのでオレンジ果汁を合わせているんですよ、とのこと。いやーエグ旨! 

Lino9.jpg

メインも魚系なので、更に白で Monte Tondo Soave Classicoなり。お手軽Soaveですが、樹齢100年超のブドウの木で取れたブドウというから凄いですなあ。結局嫁と2杯注文。

Lino10.jpg

悩みに悩んで注文したメイン、オマール海老と本日の鮮魚 ズッパディペッシェで¥3500なり。オマールと鯛、はまぐりが入ったトマト風鍋、という趣向。鉄鍋は如何にも和風、更に取り皿がとんすいですし、いきなり居酒屋か?的な雰囲気なのですが、そこはイタリアン、お味はトマトのうまみ魚介のうまみの波状効果!、超!気に入りました。で、残ったダシは+¥500はイタリア米でリゾットにしてくれるという趣向。低糖質など、どこ吹く風(滝汗)でついつい注文しちゃうのだ。。

Lino11.jpg

先の鉄鍋で出してくれます。こちらは取り分けた状態で、この4倍量ほど。アルデンテより若干米の芯をしっかり残したタイプで、我々は非常に好み。うまみ満載状態。 いやー!大満足なのですが、せっかくなので甘いものも1ついっとこう!ということに。

Lino12.jpg

苺のティラミスやら5種類ほどがスタンバイ。嫁チョイスはイタリアの素朴系焼き菓子、パンドルチェジェノベーゼなり。ドライフルール入りの素朴な焼きケーキ的なものですが、これはにっこりですな!の¥600。ミルクのジェラートを添えて。

以上で、泡2、白4とそこそこ飲んで¥16000割れ、という大納得価格なり。お酒、かなりお手軽な設定だと思います。いろいろ気になるメニューがあるので、近日再訪している気がしますな。1人ランチもよさそう。いやー、また来ます!
 
 
 
 
◆Lino
住所:京都市中京区上妙覚寺町230-2 秋山法衣ビル1F
営業時間:12:00~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O) 日休 第一・第四月休
TEL:075-746-6469

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment