毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

麺処 鶏谷 (トリタニ) @山之内

2017
21
12年間書き溜めた引っ越し前のblogがネット上から消失したので、京都でも特に好きなお店はきちんと再訪して書き直そう!と思っているのだ、という書き出しは、「あわわ」ご紹介の際にも使ったのですが(更にこのパターンで押しております汗汗汗) その7は、麺処 鶏谷 (トリタニ)のご紹介。

多分、京都のラーオタ諸氏にも人気のお店。たまたま2014年の開店当初入ってお気に入りに。大体ニトリ絡みの案件があると、ランチを食べに行っているような気がします。で、随分久しぶりに「あのコテコテが食べたい!」とやってきたのだ。

鶏谷1

11:30オープンで、10分ほど過ぎたところ。外に1組しか並んでいなかったのでラッキー!と思ったのですが、店内にウエイティングがあって、そこで8人ほど待たれていたのだ(汗) ま、回転は良いのでメニューなど見せてもらいながら暫し待つ。確か前はカウンター12席のみでしたが、壁にくっついた4人掛けテーブルが1つ追加。

鶏谷2

御覧のようにメニューはかなり豊富な部類。人気は超濃厚鶏ダシで、天下一品のでろでろコテコテスープよりも更に濃厚な「熟成スープ」がスタンバっていて、その塩が好きなのですが、今日のお客さんにはまだ未食の「鴨そば」が人気の模様。 醤油系あっさりスープも捨てがたいお店なのだ。 暫し悩んで初志貫徹で、熟成塩鶏そば、限定の鴨醤油つけそばをチョイス。

鶏谷3

で、15分程待ちカウンター席に。じゃじゃーんと登場熟成塩鶏そばは¥750なり。+¥150でチャーシュー増しにすると驚くほどのチャーシュー量。鳥チャーシューが2種、豚チャーシューが2種、計4種類のチャーシューでお花畑状態。 しかし¥1000割れでここまでチャーシューを乗せているお店はあまり無いですなあ。

鶏谷4

麺は平打ちの若干太目で存在感のあるもの。が、まあ、特筆すべきはスープですな。もうほとんどポタージュスープを通り越して、おかゆ相当の粘度の領域になりつつあるという感じ。 若干塩強めだったので、流石に途中で飽きてきました汗汗

鶏谷5

が、味変に黒コショウや山椒の香りがするオイルが添えられているので、それを思いっきり入れるのも美味しい。いやー大満足なり。

鶏谷6

で、こちらが限定の鴨醤油つけそば¥850なり。こちらは打って変わってネギと鴨の風味がする醤油ダレで頂く趣向。鴨チャーシューも嬉しいのだ。 いや、これもありですなあ。

鶏谷7

つい、ご飯ものも1つ注文。こちらは、鶏そぼろと刻み生姜の豚丼で¥250なり。あっさり系の甘醤油ダレで、ま、よく食べる高校生には大盛りでも大ウケしそうな感じ。なかなか美味しかったです。

濃厚デロデロ系スープは、流石にちょっと年齢的に厳しくなっているのですが(微泣)、他の方が食べておられた鴨そばが旨そうで、また頻繁に期間限定物がリリースされるお店ですので、そういうの狙いで覗きに来たいと思います。ご馳走様でした! 
 
 
 
 
◆麺処 鶏谷
住所:京都市右京区西院四条畑町1-22
営業時間:11:30~15:00 18:00~22:30(売切次第終了) 月休
TEL:075-754-7969
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment