毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

おうどんや るりお@四条大宮

2017
30
買い物やらなにやらで夕方まで用事の多い土曜日。もう、先週は超!多忙で精魂尽き果てている(汗)のですが、無理やりでもスーパー銭湯で2時間まったりを組み込もう!と9:00から買い物やらなにやら。10:50には買い物その1、2が伏見区内で完了し、さらに買い物3ついでにランチでもと、やってきた四条大宮。

るりお1

今回は珍しくWEB版のLEAFが情報の出所。嫁運転の車で、やってきたちょうどお店開店時間11:30。お店の名前は「おうどんや るりお」、イタリアン出身のご主人が開店された、居酒屋アテメニュー豊富で昼酒がばっちり呑めるお店だとの情報。6月開店のニューカマーなのだ。

るりお2

お店前看板をパチリ。大体、こういう感じだというのはわかってもらえそうな明瞭な説明。自家製麺のうどんが28種類!完備、その上40品以上の一品で昼からしっかり呑めるという、そういうお店なのだ。店内に。

るりお3

たぶんご夫婦2人で回されているんですが、京都的ウナギの寝床店で2人掛けの小上がり席が10席、テーブル席が8だったかなあ。新しいので品よくスッキリ店内。壁沿いの棚に並ぶ一升瓶が私を呑んで~!という感じ(いや、妄想です汗)。もともと、居酒屋さんをやられていたようですが、6月からうどん居酒屋さんに宗旨替えされた模様。

るりお4

んで、嫁に運転をお願いしているので、1人、KIRINの富士山麓ハイボール¥430でゆるゆると昼酒満開。うどんの前にアテを数点いただくことに。

るりお5

まず、あると注文することになっている「ちょっと大人のポテトサラダ」なり。どのあたりが大人というと、ほんわりと山葵、それにガーリックチップを利かせたお味。 過剰な辛味ではなく良いアテですなあ。。いやー、これはアリです!の¥480なり。

るりお6

豚のやわらか角煮は¥620なり。ネーミング通りほろほろのとろとろ。嫁は呑まなくてもこういうのが大好き。(が!、ハンドルキーパー用に、ノンアル系の飲み物も置いておいてくださいね~、なのだ、ぜひ!) 

るりお7

ハイボールをお代わりしつつ(汗)、頂いた海老ととうもろこしのかき揚げは¥800なり。昆布茶と塩を合わせた昆布塩で頂くのが結構斬新。(いや、塩だけで呑めるかも・・・汗)、お味はご想像の通り。

で、LEAFで見て、あー、これは食べてみたい!と思ったうどんを2人でわけわけすることに。

るりお8

こちらが28種類スタンバっているうどんのうち、多分一押しメニューの「るりおのボンバうどん」¥1080なり。Bomba(ボンバ)とは、イタリア語で〝爆弾”という意味で、長径20cm超のオーバル型グラタン皿にピザ生地をかぶせてあり、オーブン焼きして爆弾のようにぷっくらと膨らんでいるのだ。

るりお9

んで、切りますよと。。。。 流石熱々ですな。。

るりお10

中は御覧の通り。厚切りベーコン&とろけるチーズががしっかり入った自家製トマトだし、程よく腰がある中太ぐらいの自家製うどん!という、ま、面白いメニューなのだ。 さく、むちっと焼けたピザ生地も、トマトだしをつけて頂ける、ダブルで美味しい趣向。 いやー、家庭的なお味なのですが、これはなかなか宜しいではありませんか。普通盛りはちょっとうどん少な目で、大盛り無料!だったのでお願いすればよかった。。。。汗汗

るりお11

で、お腹パンパンで帰る前、嫁が支払いを済ませている間にパチリ。梅酒が58種類もそろえてある変態店です。(ちなみに1グラス¥540なり。女子会向けですかねえ。)

んで以上で〆て¥4000ほど。これ以外のうどんもカルボナーラや漬けカレーうどんなど、なかなか面白そうなのがそろっていますので、そういうのが気になる方にぜひ。ご馳走様でした~。
 

 
◆おうどんや るりお
住所:京都市中京区猪熊通四条上ル錦猪熊町526
営業時間:11:30~15:00 18:00~23:00 
TEL:075-802-6228


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment