毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

居酒屋えんで蛸しゃぶの会@白川通今出川

2017
31
FB友のFさんの発案で、夏の最中に鍋料理を食べようや!ということに。Fさんがチェイスしたお店は、銀閣寺道近くにある居酒屋、「えん」なるお店。過去カウンターで常連さんが金目鯛やら蛸、白トリガイなど季節の素材をいろいろシャブシャブしているのを目撃したFさんが、これは一度人を集めないと!、となるとそういう好き者同志8名が集まるのだ。

居酒屋えん1

場所は、白川通今出川の交差点から南西方面の住宅街。ほぼ不案内な地域だったので、京阪出町柳駅からタクシーで(ほぼ1メーター)やってきた18:30。

居酒屋えん3

靴を脱いで上がる店内。結構年季の入った落ち着いた感じですな。カウンター席が10席ほどに、4人テーブルが2。海鮮系メニューが非常に豊富なのですが、今日はお料理が¥5000でお願いしているので特に悩むことなく。

居酒屋えん4

突き出し2種。まずは冷やしトマト~出汁マリネ。冷え冷えでしっかり出汁味で美味しい。

居酒屋えん5

更に牛肉たたきは塩で。いやー、ちゃんとしておりますなあ。とりあえず極上に冷えた生ビールで乾杯!し(写真大失念!汗)、日本酒が色々揃っているお店なので日本酒にスイッチ!ということで。なかなかマニアックな品揃えなのだ。

居酒屋えん6

で、刺身盛り!がじゃじゃーんと登場。長崎は五島列島産さば、愛媛の白グジ、岩手の白トリ貝、石川の釣りのどぐろ、静岡の金目鯛というリッチな構成。白グジと金目は炙りを塩で、という。いやー、なかなか素晴らしき構成ではありませんか!

居酒屋えん7

お刺身の後は、この暑いさなかに昆布だしが張られた土鍋が2個、目の前にセットされて・・・

居酒屋えん8

大皿に見事に盛られた明石の蛸が登場!なり、なのだ。これで四人前。

居酒屋えん10

あとはほんの数秒シャブシャブし、あっさりポン酢で頂くのですな。透けるように白い、綺麗な蛸の身も美味しいのですが、コリコリとした吸盤や、ネットリと旨みの塊!的な皮がとても美味しいことに気が付くのだ。 鍋料理ですが、火を通す時間が短いので、エアコンが効いた部屋ならまったく暑くなく頂けるのが嬉しい。

居酒屋えん12

で、最近当駄blogで、こういう会をご紹介する場合はお約束になっている何回目かの乾杯!の写真(汗)。

居酒屋えん11

途中で出していただいた、ふわさっくり頂ける、鱧の紫蘇梅肉天ぷらも旨かった。で、折角なので、蛸出汁がたっぷりの出汁で〆の雑炊をお願いするのだ。

居酒屋えん13

雑炊が出来るまでの時間つなぎに注文した、自家製のバジル練りこみチーズをアテに日本酒を。

居酒屋えん15

で、じゃじゃーんと登場蛸出汁雑炊。いやー、蛸はもともと淡泊ですので、雑炊も全く濁りませんし、あっさりさっぱりと頂けます!
程よい感じでおなか一杯。

居酒屋えん16

本日呑んだ日本酒は4種。右からわが町伏見の酒蔵、「蒼空の夏限定生酒」、こういうラベルのは初めてみました。その左隣はこれまた左京区にある酒蔵「神蔵 雄町 純米吟醸無濾過生原酒中取り」、更にラベルがカッコいい、秋田から「まんさくの花 純米吟醸生原酒 美郷」、初めに呑んでみます?と勧められ、最後の楽しみにした京丹後の白杉酒造「黒麴仕込 ブラック・スワン 特別純米酒」を。 甘味・酸味ともしっかりな複層的なお味で、今日の一本はこちらですな。

で、お喋りに夢中であまり呑まなかったというのもあり(汗)、以上で〆て¥7000といういい感じの晩御飯になりました。持つべきは良き飲み友!なりですな。 次は金目鯛のシャブシャブかなあ汗汗。ご馳走様でした、また来ます~。
 
 
 
◆居酒屋 えん
住所:京都市左京区 浄土寺西田町 36-3
営業時間:17:00〜25:00
TEL:075-751-9176
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment