毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

アムコリス@北野天満宮北側

2017
13
いやー、久々に書く前に無茶悩んだイタリアンネタを1つ。
Facebookを始めてから京都市内で面白いお店は無いかなあと色々な京都食べ歩き系グループを日夜眺める日々なのですが、某グループでなんだか非常にお得そうなランチネタを発見。写真をぱっと見、ありえない!感じでこれは速攻で行かねば!と、ランチ後速攻で熊本移動予定の日曜日、一応席を予約してやってきた北野天満宮の北側、御前通沿い約150m。

アムコリス1

今年の6月オープンしたばかりのニューカマー、お店の名前はアムコリスなり。住宅街の中で、且つ間口が狭いので車なんかじゃ絶対見落としそうなさりげなさなのだ。店内に。

アムコリス2

こういう写真が撮れているのは当日の客は我々だけだったから。寡黙で年齢不詳系なシェフが1人回されているのだ。北欧調な白木のテーブル、タイル張りのカウンター席がセンス良く可愛らしく、掃除は驚くほど隅々まで行き届いている。カウンター席が5、4人がけテーブル3かな。で、ランチはこのメニュー1種類のみなのだ。

アムコリス3

ランチは税込み価格!で、前菜にパスタにメイン、デザートにお茶付きというちゃんとしたコース構成。ネット上で3名の先駆者の情報を発見したのですが、メインメニューは結構ころころと変えておられる模様。

アムコリス4

まずは可愛らしい前菜。キューブ状ですが昭和生まれな方は「さいころキャラメルサイズ」と思っていただければ。右からじゃがいもとベーコンのオムレツ、カプレーゼ、豚と茄子のテリーヌ、それに里芋マッシュとラタトゥイユ。 嫁に断ってつい白グラスを頂いてしまうのだ。。。

アムコリス5

で、パスタはまたまた驚くべきことに手打ち!のキタッラ的な細麺。サイズは半人前という感じですな。
ゆで時間が短いようで前菜を食べ終わったタイミングで間髪入れずに出てくる。 しこしこ系ではないですが、過去食べたことがないソースが美味しいのだ。オイル系だと思われるのですがジャガイモピュレ、それにバジル(メニューにはピーマンも書いてあるのですが、どう参加しているのか不明)それと、全体をまとめ上げる軽やかな酸味。 いやあーアリですなあ。

ミニサイズの丸パンも自家製らしくアツアツ!で、ちゃんとバターまで出てくるのだ。いやまあなんと驚き・・・。

アムコリス6

メインは鶏もも肉のワイン煮。ナイフを入れただけでホロホロになるくらい柔らかいのに型崩れしていない。付け合わせの野菜がしっかり! 当然¥1000ランチのメインなのですが、サイズを小ぶりにしただけで手抜き一切無しなのだ。。。

アムコリス7

ちゃんとデザート完備。これもさいころキャラメルサイズですな。が、4種類盛り合わせというありえない構成。特に梨の角切りを添えてあったカモミールのパンナコッタが旨かったです!

アムコリス8

で、ちゃんと珈琲・紅茶でまったりし、ご馳走様でした!ということに。
どう考えても原価計算が間違っていそうで(滝汗)このお店書いてしまって良いのか!と心配になり、シェフに美味しいですねえとお声掛けして、Facebookで見かけたんでやってきたのですが期待通りでした!と言うと喜んでおられたので書く気になったのですな。

お料理やメニューのチョイスは明らかにプロの手口!なのですが、お料理のサーブなどアマチュア感バリバリで一体どういうところで修行されたのかなあ・・と不思議な気分に。パスタはありますがフレンチの要素のほうが強いのでホテル系? 不便な場所ですが、ぜひ食べ歩いている人は覗きに行ってフィードバックいただきたい一軒です。 夜も食べてみたい! 間違いなくまた来ます。 
 
 
 
 
◆アムコリス(amukoris) 
住所:京都市上京区北町622-1
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:00) 無休?
TEL:075-463-8552
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment