FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鮨處WASABI@奈良市

2017
14
で、まだ先週の三連休ネタなのですが、ちょっと写真が多いので後回しにしていた寿司店ネタを1つ。
久々の奈良、それに見学予定の正倉院展はランチ時が空いている!ということで、早めにランチができるお店を探し始めた前々日の水曜日。 久々に食べログの奈良情報を眺めていたら、近鉄奈良駅そばに女性の職人さんが寿司を握るお店があるという情報をGET。元々生駒市でやられていて、2015年にこちらに移転されたようだ。ランチは¥3500(税別一種類のみ)という構成で、予約電話を入れオープン時間の11:00に予約を入れたのですな。(ランチは、前日までの予約のみ)

WASABI1.jpg

近鉄奈良駅を西に。高天交差点からやすらぎの道を下がって1つ目の路地奥にこういうお店が見えてくる。ま、飛び込みで入る人は少なそうな物件。

WASABI2.jpg

カウンター席が8席ほどかな、掃除は隅々まで行き届き、なんだか凛とした雰囲気ですな。予約しているものですが!とカウンター席の隅っこに席確保。11:00からのスタートは我々ともう1組。お任せだけなので特にメニュー選定は悩む必要なしなのだ。
が、お休みですので昼酒は飲む気満々。日本酒はなにがありますかね?と質問すると・・

WASABI3.jpg

このようなラインラップ。いやー、いいですな。2人で結局4種類制覇でした。お気に入りは美丈夫かな。

WASABI4.jpg

冷酒はキンキンに冷えたワイングラスでサーブされるのだ。

WASABI5.jpg

でお寿司コースがゆるゆるとスタートなり。まずはいさき。サイズは大きくもなく小さくもなく。寿司飯は粒感が非常にはっきりした固めで、酢は限りなく優しい。酢の風味だけが存在する、というような感じ。ほー、こういう酢飯もなかなか美味しいです。。

WASABI6.jpg

お次は剣先イカ。海無し県で、こういうこりっこり&ヌッタリがバランスしているのが出てくるんですなあ。

WASABI7.jpg

甘エビ。とろりと上質。

WASABI8.jpg

うわ~、この味の乗せ方好き!と思ったいくらの軍艦。ダシがいい感じにしみ込んでいて、もしかして今日一番好きだったのがこれ。

WASABI9.jpg

ウニ軍艦巻。これまたミョウバン臭さ一切なしでいい感じ。(写真はちょっとピンボケで済まぬ!)

WASABI10.jpg

これも、手法があるのだ!と驚いたブリ。血合いは完全に除かれ隠し包丁のおかげで速やかにトロケます。

WASABI11.jpg

これまた新鮮な鯵。青魚好きなのでこれもたまりません!でした。

WASABI12.jpg

で、インターバルにアツアツの茶碗蒸し。エビにイカに銀杏に、というようなふるふるとろとろの王道系。が!玉子を美味しく食べさせる最大の功労者は三つ葉と柚子なんですなあ。

WASABI13.jpg

漬けマグロ。

WASABI14.jpg

さより。

WASABI15.jpg

芽ネギ。

WASABI16.jpg

玉(ギョク)です、と焼きたてのまるでスフレのようなふわんふわんの玉子焼き、それもシャリなし!が出てきて、¥3500のコースが終了!なのだ。が、もう少しだけ食べたいなあということで・・

WASABI17.jpg

キスの昆布締め。んー、初めて食べたかも!ですが、これもアリ!なお味。柚子が偉大。

WASABI18.jpg

で、初めに出てきた剣先イカで「ありえない~!ウマ杉!」とか喜んでいたので、エンペラ(耳)があるので食べられますか?という提案に速攻で乗っかる我々。

WASABI19.jpg

締めは肉厚でふわんふわに炊けている煮あなご。甘味は控えめですが、これも美味しかった~。

以上で、日本酒グラス4で〆て¥12000ほどという超納得価格。心静かにゆったりお寿司を頂くには非常に良いお店ですな。今後奈良に用事があるたびに我が家では再訪が検討されると思われる気に入った!一軒。ご馳走様でした、いやー、素晴らしかったです!
 
 
 
 
◆鮨處WASABI
住所:奈良県奈良市林小路町39
営業時間:11:00~14:00 16:00~最終入店21:00 不定休
TEL: 0742-24-3900
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment