毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

Spice32 祇園店@祇園四条

2018
10
2月3日、節分の日ネタ。 カレーに行くまでが余談満載なのですが、とりあえずご報告汗汗。

節分の日には「節分おばけ」という行事が行われるのはご存知か。もともとは昭和に入って廃れた民間信仰のようなのですが、京都では花街を中心にこの節分お化けの風習が残っている。お化けの日には、芸妓さんが舞妓さんの扮装をしたり、歴史上の人物やスポーツ選手等々、通常とは違う様々な扮装に化けてお座敷に出て、厄落としに神社にお参りに行ったりするらしい。ま、日本版ハロウイン、のような行事ですな。その日の祇園は色々なお店の方々がお化けの恰好をしてあちこちに出没している模様。

普段、お座敷遊びなど全くご縁のない我々なのですが、相方が、ある京町屋サロンが仕掛けたの節分イベントで、自分たちがお化けになるというのを見つけてくる。 なんでも花魁!や芸奴、七福神や源氏物語の登場人物に扮装し、祇園を練り歩くらしい。 聞いてみたら参加者は結構年齢層高め。 私はコスプレ趣味は無いのですが、相方は参加する気満々。で、私にカメラマン役で参加せよ、というご命令。

spice32_9.jpg

で、メイン会場の京町屋サロンに18:00前到着。相方はその2時間前には入って、ちゃんと着付けをしてもらい準備万端。祇園を練り歩く前にメイン会場でちょっとした寸劇や踊りなどがあり、ノリは大人の学園祭。 菱岩!のお弁当&日本酒を頂きながら、仰せつかったカメラマン役を全うするのだ。(アホほど写真を撮ったのですが、諸事情で割愛汗汗)

で、20:00には第一部完了で、21:00から花見小路をその扮装で練り歩く!らしく扮装している人たちはマイクロバスで現場に。私は1時間ほどあるので、その間はどこかで時間つぶししておこうということに。やってきたのは、祇園のうどん店で有名な「おかる」が入っているビルの地下1階。

spice32_1.jpg

菱岩のお弁当で結構お腹は良い感じなのですが、ちょっとだけ欲しい気分。思い出してやってきたのは、Spice32 祇園店。 

昔、大阪の南森町に「辛口料理 ハチ」なる伝説のカレー店があったのですが惜しまれつつ閉店。そのレシピを再現したスズメバチカレーなるお店が大阪に数店展開されていたのですが、その神戸店が独立し、店名をSpice32 に変えられてまた近畿圏のあちこちに支店を出している模様。 ここも開店2年目ですが、ようやく来れました。

spice32_3.jpg

カウンターのみ10席ほどですかね。ご夫婦で回されている模様。ご主人はトーク軽快でこちらが聞いていないことまでどんどん教えてくれるタイプ。何にしようかなあ、とメニューを確認。

spice32_2.jpg

ハチはかなり辛いカレーで、その上カウンターの上に鍋が置いてあり、ルーかけ放題というありえないシステムだったのですが、ここも相当辛い模様。、「スパイシーカレー」と「南国カレー」の2本柱で、黙っているとルーは辛口が出てくる。甘口はエマージェンシー用で、特に推薦しておらず圧倒的に辛口を推しているのだ。 マスター曰く、一番人気は、チーズ温玉トッピングですね!とのことで、それでお願いする。

spice32_4.jpg

とりあえず、アルコールを導入し、次の写真撮影現場に備えるのだ。

spice32_5.jpg

じゃじゃーんとカレー登場。チーズがかかってるので多少は円やか度アップ!と思うのですが、辛い、容赦なく辛い。 粘度はやや控えめだが、甘み成分をあまり感じられないほど。 とろけた牛肉ごろごろで、辛い物好きなら美味しいと思いそうな味。(辛い物が苦手な人には地獄の苦しみ汗汗汗) 

マスターにこれは辛いですな!旨い!というと、「お気に召しましたか、この辛味は唐辛子ではないんですよ!」とのこと。 企業秘密だそうで教えて頂けなかったですが、白胡椒系ですかねえ。いやはや驚きました。

が、容赦ない辛さなのですが、10分ほどですーっと引いてしまう不思議な辛さなのだ。(ま、ハチは更にこの上だったように思いますが、過去ご存知の方、どうですかね?)  付け合わせの人参ピクルスが非常に偉大。(奥様制作だそうな)

spice32_6.jpg

で、奥に不思議なコレクション棚が鎮座している。これも多趣味なマスターの趣味の一環だとのこと。

spice32_7.jpg

初代~V3あたりはリアルタイムで見ていた世代(マスターは6つ年下でした)なので、なんだか懐かしい気分に。しかし、これは集めましたな。。(これは3軍だそうで、自宅にはもっとお宝がごろごろとのこと)

マスター曰く、脱サラ組ですがカレーだけでは儲からないので、弘法の日は東寺で梅干しを販売しているのが本業ですわ、とかどこまで本当なのか不明なネタが。いやはや小一時間ほどでしたが、カレー店でここまで和めるとは思いませんでした。 辛い物好き限定ですが、怖いもの見たさでぜひどうぞ! (遅い時間は手品を見せてくれるらしい、って、何屋よ?)
 
 
 
◆Spice 32 祇園店
住所:京都市東山区八坂新地富永町132 おかるビルB1 
営業時間:11:00~15:00 18:00~翌2:00 木休/毎月21日休
TEL:075-541-0623
 
 

spice32_8.jpg

で、カレー後は再びカメラマン役で花見小路へ。いやはや、大混雑で大変でした。


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment