毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ベ・レギューム・ア・ターブル (B legumes a table) @四条通油小路上ル

2018
28
現在、密やかに過去行っていないビブグルマン店回りをチョコチョコ仕掛けている我が家。最近、我がFB友からあれが良い!あそこに行け!と色々お勧め頂くのですが、自分達でお店回りをするにはこういう分かりやすいテーマが1つあると便利(汗)。で、お手軽な和食3軒の後は、行ったことがないビブグルマンフレンチに行ってみようということに。

で、前日予約したのは、ベ・レギューム・ア・ターブルなるお店。店名は「食卓に野菜を」の意味。
ミシュランビブグルマン店がどんな基準で選定されているかというと、我々のお店チョイス理由とおよそ同じで、ミシュランの★店の基準からは外れるが食事代が¥5000程度(お酒別)で、コストパフォーマンスに優れていて審査員さんが特にお勧めするお店だそうな。 我々が回ってみて、あ!ここは好き!と思う確率が非常に高いので、ミシュランでは特に注目しています。

ベレギュームアターブル1

お店は、四条通から烏丸通を西に超え、堀川通よりは東側の油小路上ル50m、というところ。12:30予約でやってきた。周りの雰囲気に溶け込んでいる、さり気ない雰囲気ですな。

ベレギュームアターブル2

店内に。調度品はビストロではなくレストラン、それも意外にかっちりした感じ。こういう写真が撮れたのは入店5分ほどで、13:00過ぎにはあらかたテーブルが埋まる人気度合い。ちなみに、非常にゆったりした作りの全26席。集まる人々は普段通り、ではなく、ちょっとオシャレしている非日常間のある空間なのだ。

ベレギュームアターブル3

予約時に、ランチコースは¥2500、¥3500、¥5000の3種類と確認し、¥3500のコースを事前にお願いしたので特に悩むことなく。魚・肉とも選択肢は特に無しですが、デザートは3種類から選択、という仕組み。ダメな食材は事前に確認してもらえます。
で、グラスのアルコールメニューはこちら。¥700均一で泡1.白赤各3種という、良心的価格。

ベレギュームアターブル4

で、泡グラスで乾杯しつつ、ワクワクとお料理を待つ。最近お出かけ時には、理由をつけてなにかと和服化する相方なのだ汗汗。

ベレギュームアターブル5

暫しの後、前菜登場。中央にこんもりと盛り付けられた新鮮なサラダ、周りを囲むのは左前の自家製のサーモン燻製。薄切りではなくて、8mm超の厚切りで中は半生。これは完璧!と嬉しくなったベーコンと玉ねぎのキッシュ、奥は自家製のロースハムという布陣。外はバリバリ中はふわっと系バゲットにはバターを添えて。

ベレギュームアターブル6

魚の皿。ヒラスズキのソテーなり。普通のスズキと違って全く泥臭くなく、皮はぱりっと肉はほわっとで非常に上品。それに合わせるシャリービネガーのソースとバジルのソース。野菜は菜花と芽キャベツ、ほくほくジャガイモにインゲン。火入れも丁寧で、美味しいですな。

ベレギュームアターブル7

肉の皿が面白い。ホロホロに炊いた牛のワイン煮込みを、新玉ねぎの煮込みで包んで焼いた一品。デミグラスソース的なソースが超!口に合うのだ。全体的な味わいはなんだか肉じゃが的な、日本人なら確実に好きそうなお味。

ベレギュームアターブル8

中はこんな感じ。いやー、鉄板でした。

ベレギュームアターブル9

甘いものも鉄板。手前はイチゴのムース、奥はほうじ茶のカヌレ。どちらもちゃんとしておりますが、カヌレが過去食べたことが無かったお味なので推薦したいかも。お茶の香ばしさが際立つ一品。

ベレギュームアターブル10

私は珈琲、嫁はミントティで充実ランチ完了。添えてあるヴァニラのマカロンが滅茶ウマでした。
お酒がお手頃価格なので、¥3500ランチで2人で泡2、白3を呑んだのに、なんと¥10000チョイ、という超安心価格。既に開店後10年以上経過しており、「フレンチで野菜!」というほどの特別な野菜感はないのですが、お料理はかっちりした安心感のあるもので、いいことがあった日や、久々にお友達とランチ!というような場合に映えそうなお店ですな。ご馳走様でした、またいいことがあったら思い出すと思います!
 
 
 

◆ベ・レギューム・ア・ターブル (B legumes a table)
住所: 京都市中京区四条通油小路上ル3軒目藤本町559-1
営業時間:11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O) 月・第三日休
TEL:075-213-5563
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment