毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

チョッカーナ@近鉄伏見駅

2018
12
今日は自宅近隣にある某ワイン輸入会社のファミリーセールがある日。そちらのネタはこういうところでは書けないのですが、ワインの試飲販売があるので、その前にお腹に何か入れておこう!ということに。
で、思いついてやってきたのは、我が家から徒歩15分弱ほどにあるイタリアン「チョッカーナ」。近鉄伏見駅を西に。竹田街道を北に上がり角に新福菜館伏見店がある路地を東に進むと、こういうお店が見えてくる。

チョッカーナ1

基本住宅街に溶け込んでいるお店。近鉄伏見駅から10分ほどですかね。実は過去飛び込みで何回か挑戦しているのですが、地元では「お手頃価格で野菜がしっかり頂けるイタリアン」として、知る人ぞ知る人気店。ランチは満席で断られたこと数度。今回はオープン時間ピタリで席確保なり。

チョッカーナ2

ランチメニューはこんな感じ。イタリアンというより、洋食店的なメニュー構成で日替わりが¥900、一番高いステーキでも¥1280というお手頃価格なのですが、なんだか非常に内容が良くてびっくりなのだ。ちょっと気合を入れてご紹介。

チョッカーナ3

今日は、我々と同時入店した3人組、ちょっと遅れてやってきたおひとり様だけだったので、店内をパチリ。4人掛けテーブル席が
3、カウンターが5だか6だか、というこじんまり店。カウンターの一番奥に陣取る。 当日は、お若いイケメンシェフと、ご年配のサービス担当の男性という2人編成で回されているのだ。 日替わりと、ステーキセットをお願いする。

チョッカーナ4

突き出しに、グラッパなどを入れるようなミニグラスで野菜ジュースが出てくる。卸しリンゴがたっぷり入った半分ピュレのようなほんのり甘い一品。のっけから健康的な構成。

チョッカーナ5

で、我が家から徒歩圏ですので、お休みランチを輝くものにしよう!と赤・白グラスワインをお願いする。グラス¥400というお手頃価格なのも嬉しい。

チョッカーナ6

お次に登場はカリフラワーのポタージュ。これも野菜ピュレ成分が多めの構成でぽってりとした舌ざわり、あっつあつで美味しいのだ。

チョッカーナ7

で、まず登場の日替わり。パンとライスをお願いできますが、我々は自家製のパンをチョイス。奥からたっぷり目の水菜などが入ったグリーンサラダ、小皿2種にはポテトサラダと胡麻豆腐の胡麻ドレッシング掛け、手前の野菜盛り込みすぎ!な日替わりのメインの皿。

チョッカーナ8

今日は、吉備鶏の胸肉を低温調理した非常にジューシー且つ柔らかいもので、黒ゴマソースがかかっている。100gほどですかねえ。兎に角、野菜類の盛り込みが凄い。なぜか、大葉の天ぷら、揚げカボチャに茹でサツマイモ、オーブンでローストした玉ねぎ1/4個、スライス胡瓜に、プチトマトに人参が色違いで2種類、葉物野菜類に大根ピクルスなど目にも楽しい趣向。

チョッカーナ9

で、こちらが国産牛イチボのステーキ、とは言え御覧のように、ほぼローストビーフのようなもので4切れ。こちらも低温調理ではないか?と思う柔らかさ。いやー、これは有り得ない構成ですなあ。 きちんと美味しいのだ。

チョッカーナ11

グリーンサラダに添えられている、大根卸し、黒ゴマ、人参卸しがたっぷり入ったドレッシング。メインの皿でも使える味変アイテムなのですが、これも卸した野菜ピュレがたっぷりで、優しい酸味が美味しい。メインの皿の野菜と合わせても楽しめますし、こりゃいい作戦ですな。お腹もほどよくポンポンに。

以上でグラスワイン2杯で¥3000チョイという超!納得価格。 いやー、非常に良くてビックリ。大堪能でした。
外国からのお客さんが、JR京都から伏見稲荷と間違ってやってくるナンバーワン!な近鉄伏見駅ですが、覚えておくと幸せになれる一軒。お近くに寄られたらぜひ。(予約が確実かもです)
 
 
 
◆チョッカーナ (chocana)
住所:京都市伏見区深草泓ノ壺町28-6 ワタルハイツ1F
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:30) 17:30~22:00(L.O.21:30) 不定休
TEL:075-645-1330
 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment