FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

和み鉄板 きた @伏見桃山

2018
25
先週に引き続き、年度末進行でバタバタな一週間。晩御飯はどこか近場で一杯やろうや!という作戦で、伏見桃山駅で20:00に待ち合わせ。 で、!集合してから前から気になっていたお好み焼系なお店にTELしたら席が取れたのですが、期待以上に超!よかったので、気合を入れてご紹介。 お店の名前は、「和み鉄板 きた 」なり。

てら1

京阪伏見桃山駅から大手筋商店街をずんずん、西に10分ほど。竹田街道大手筋の交差点の南西角付近にこういうお店があるのだ。開店が2011年10月なので、さんざん前は通っているのですが、ま、タイミングはあるわけで。 

てら2

店内に。奥に向かって細長ーいカウンター席が並ぶ。そちらが8席ほど。ごらんの4人掛けテーブル席が2(帰りがけの写真なので空いているのですが、入ったときは埋まっていた)、お店の奥には秘密会合に良さそうな半個室(6人席ほどかな・・)が1、更に2階もあり、そちらも結構入っている模様。全体像は伺い知れないのですが、全30席はあるんじゃないの?という感じ。促されるまま、カウンター席の端っこに陣取るのだ。 角刈りむっちり系のマスターを含む、全5名体制!の間違いなく人気店。

てら3

メニューのほんの一部。基本創作鉄板焼き店で、こういうお好み焼系な仕上げメニューがあるお店。これ以外の鉄板焼メニューは非常に豊富で、全50種類はあるかなあ、という感じ。「★印がお勧めですので!」というガイドで、長考3種をまず注文。

てら4

飲み物は、私はハートランドの生で¥530、相方はハイボール¥530でゆるゆるとスタートなり。(ちなみに以下、全て内税表記で)

てら5

速攻で出てきた一品目、ナムル盛り合わせは\700なり。胡瓜に大根の千切り、ぜんまいにほうれん草、それにもやし!という鉄板な布陣。このようにレギュラーメニューには韓国の影響を受けているものが結構ある。ナムルは甘口な味付けで、なんだかほっこり。お気に入りごま油が効いたぜんまい。

てら6

カウンターのテーブルにも埋め込みの鉄板があり、全長4m!はありそう。その上に料理が置かれたのですが、我々が注文したものだとは思わなかったので思わず確認した、「スペシャルとん平」で¥700なり。過去食べたどのとん平とも違うものなのだ。
 
普通、とん平というと、焼いた薄切り豚肉を玉子にくるんで焼いたピカタ的なものを想像すると思うのですが、こちらではキャベツ千切りてんこ盛りの上に、半熟目玉焼が2個!、その下に豚肉生姜焼、さらに刻み葱と紅ショウガみじん切りがしっかり!乗ったものが出てくるのだ。 これを鉄板で熱を入れて頂く趣向。

てら7

味付けは味噌ソース的なものが先にかけられているので、キャベツがしんなりしてきたらまぜまぜして頂くのですな。豚肉のキャベツ炒め的なものになるのですが、野菜がしっかり頂けてGOOD~!

てら8

テーブルに設置してある味変アイテムとしては、青のり・カツオ粉は当然スタンバイ。その中の辛いものアイテムがこちら。祇園四条で見かける「辛い恋人」なる激辛一味は、実は今回初めて頂いたのですが、超有りえない!辛さで、辛いもの好きでも相当辛い一品。。。極少量でも超効く!ので、量は慎重に!なのですが、ほんのチョッピリかけると辛いもの好きなら大納得なお味かと。。

てら9

追加のお酒は、白ハウスワインのボトル¥2700を注文。アルコール対コスト効果が高い一品なのですが、オーストラリア産のシャルドネでお味もなかなか。果樹感の中にも切れのある、このお値段なら大納得!な一本。

てら10

で、こちらも人気メニューで、牛スジ煮込みで¥700なり。期待通りのほんのり甘口、スッキリ系なのですが先ほどの一味などをかけると超ウマですな。量もしっかり。  この三品で、初めに注文したものが終わったので、厳選2種を追加注文。

てら11

こちらは、変わった名前のメニュー「披露宴で出会ったステーキ」で¥1320なり。以前はフォアグラが乗っていたらしいのですが、上質なお肉でびっくり。さっと色が変わるほど表面を炙っただけなので、適宜、前の鉄板で熱を入れなおしていただく趣向。
添えられたしっかり量の山わさびが超ウマ。

てら12

〆は悩んでこれにしよう!とスペシャルネギ焼¥1000を注文。繰り返しますが伏見桃山価格としか思えないジャスト¥1000ですのでお忘れなく。 九条ネギてんこ盛り、そばも入っているのですが全体的には野菜しっかりの超ほわほわ系で、軽やかにすんなり胃袋に収まる感じですなあ。。

てら13

事前に掛けてくれるソースは、甘口・辛口・中辛がスタンバっていて、辛口をお願いしたのですが、一緒に出してくれるワインの旨味を感じる甘口ソースもなかなか美味しい。当然、マヨネーズも無料(汗)で、スタンバイ。 相方がもうギブアップ!というほど、京都市内で食べたどのベタ焼よりもボリューミーなのですが、食べてみると軽やかで最後まで美味しく頂けました。

以上で、生ビー1、ハイボール1、白ボトル1と結構しっかり呑んで¥8000なにがし!という超超超超納得価格。伏見桃山界隈でお好み焼!的なもの!なら覚えておいて損無きお店。超気に入りましたので、金曜日の「もう、今日は飯なんて作る気がないわ!」てな時に、お邪魔していそうな気がします。(最近、このフレーズ多いな・・汗) ご馳走様でした! また来ます!
 
 
 

 
◆和み鉄板 きた
住所:京都市伏見区西大手町315-4
営業時間:17:30~24:00 (L.O.23:00) 月休
TEL:075-622-0753
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment