FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

◆伊KITCHEN il PePe (イルペペ)@大阪 北新地

2018
03
またまた、今日のディナーに行く前に余談満載でお送りします。
こちらのランチネタの続き。お好み焼きを食べたあと、多分8年振りぐらいで大阪城公園に行ってみよう!ということに。中央線経由で公園の南側、森之宮駅に到着。

イルペペ1

過去、大阪城公園でこんなに人が溢れているのは、初めてだなあと感動しつつ、最近オープンしたらしいバーベキューコーナーを抜けてお城に向かう。大混雑なのですが、皆さん春の陽気の下でニコニコ、ワイワイと賑やか。

イルペペ2

お堀には、キンキラキンのお目出度そうなボートがぷかんと浮かんでいて、なんだか一大観光地なのだ。(しかし、センスが良いかというとちょっと微妙~汗汗)

イルペペ3

で、これまた最近オープンしたらしい、ミライザなるお土産屋さんやお洒落なレストランが入る施設に。元大阪市立博物館、更にその前は陸軍第四師団司令部庁舎だった歴史を感じる建物で、永らく閉館していたのですが、こちらも大人気なのだ。

イルペペ4

で、桜の季節、大阪城を眺めるならココでしょう!の有料ゾーン西の丸庭園へ。桜の季節は¥350なり、なのですが、期待通りの写真が撮れて大満足!。

イルペペ6

流石に歩き疲れて庭園の芝生でごろりんと、暫しまったりした後、大阪城北詰駅に移動する。オープン時間の18:00に予約している北新地のレストランに向かうのだ。

イルペペ7

で、ようやく本題のディナーネタ。やってきたのは7席だけの上質なイタリアン、イルぺぺ。北新地のバーや飲食店が入るビルの2F。写真の看板が目印。 寡黙で銀髮のシェフが独りで回されているのですが、私にとっては多分、ちゃんとしたイタリアンレストランのファーストコンダクトだった「北新地giggi」のご出身。 それを知って、速攻で行こう!と決めたのですな。。

イルペペ8

夜はお任せコースのみ。食材だけが奥の黒板に書いてあり、ワクワクとお料理を待つのだ。

イルペペ9

まずは前菜。富山湾内湾産のホタルイカボイル、それに新タマネギ、ブランドジャガイモ、インカの目覚めを使ったサラダ。柑橘系なのか酸味の付け方バッチリ。ジャガイモを煮溶けるほどに茹でて、ソースと具材の中間のような形で扱うのは初めて遭遇したのですが、良い作戦ですなあ。見た目の花は、ま、ないのですが、泡がガンガン進む味。 

ワインはグラスでもあるのですが、一人で回されているのでプレゼンは特に無し。が、お味はたしか。多分グラス¥700ぐらいからのプライスゾーン。

イルペペ10

お次は、これがイタリアンで出てくるか~的な一品。フォワグラポアレとペルー産完熟マンゴー。この季節、完熟したマンゴーは南半球産になりますね!とのことですが、非常に甘くて、フォアグラの脂、それにバルサミコの酸味と見事に調和するのだ。いやはやニッコリ!

イルペペ11

お次の皿も旨かった。そろそろ終わりかなあ、な朝堀タケノコと明石のイイダコ。このクリーミーなバジルソースが激しく旨い!のだ。私の本日一の皿がこちら。(激しくパンが欲しくなるお味!でした)

イルペペ12

で、パスタの前にメインの皿が出てくる趣向。イタリア産仔牛のソテー。佐賀産のふっといホワイトアスパラ、それに千葉の立派なジャンボマッシュルームにスティックセニョールが付け合わせ。

イルペペ13

これぐらいの絶妙な火入れ。チーズは淡白な仔牛に合わせた癖の少ないものをチョイスしているのですが、チーズが加わって程よいしっかり感が良いですな。濃いめのトマトソースと見事に調和。これも旨し!なのだ。

イルペペ14

で、最後が〆パスタという、コナモン大国な大阪的コース進行。季節の桜海老、それに空豆のオイルパスタ。シコシコしたリングイネが非常~にいい感じ、最後まで大堪能! (相方は、前菜のホタルイカ、それにこのパスタを一押し!とのこと)

デザートは付いていないのですが、ここは北新地、甘いものが欲しければデザートバーに行けばよいのだ。んで、以上で〆て、泡2、白1、赤2と流石に歩き疲れていたので、アルコールはやや控えめで¥21000ジャストという納得価格。
今風のインスタ映えするようなお料理ではありませんが、間違いナシで本当に美味しい一軒。イタリアン好きのちょい年齢層高めのカップルに強く!お勧め致します。 また、来ます。




◆伊KITCHEN il PePe (イルペペ)
住所:大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-7 小西ビル 2F-202
営業時間:11:30~13:30 18:00~22:00 月曜夜、日祝休
TEL:06-6345-7377

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment