毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

中国料理 菜格で中華の会(3)@二条通堺町西入

2016
28
実はこのネタの続きです。中華料理はやっぱり大勢で食べたほうが美味しいよね、と嫁と意見一致。最近、密やかに開催しているスイカプレゼンツ(単純に幹事をやっているということです)の呑み会、3回目会場にチョイスしたのが中国料理 菜格なり。

通常はカウンター4席、テーブル席が4人席が2、2人席が1、だと思うのだが、テーブル席をくっつけて16人までは対応可能ですよ!とお若いシェフ。初めは12名ぐらいで程よい感じなんじゃないの?と思ったのだが、紹興酒が10種類以上、シェリー酒もあるでよ!に引かれた酒呑み16名が集うことに。

菜格1

我々が宴会をやるときは雨が降っている気がします!な日。お店前写真は前回の使いまわしです~。

菜格1606-1

こじんまりした店内は16人集めるとぎゅうぎゅうなのだが、このコンパクトさも好きだったり。が、椅子2脚がかわいそうなので、このお店ベスト人数は14名でしょうな汗。幹事よりも早く来られていたメンバー1名(すみませんすみません汗)。まずはテーブルに8年物の甕入り紹興酒2合カラフェ、3年物ボトルを並べて、今日は気合を入れて呑むぞ!と、本日の宴スタートなり。本日のネタは非常に写真が多いです~。

菜格1606-2

突き出しは、茹でた枝豆を甘口醤油ソースでマリネしました的な。これは初体験! いやー、引き出しの多そうなシェフのメニューにわくわくなのだ。

菜格1606-3

お次は前菜3種。基本1皿4人前です。こちらはメインは甘い甘い生スイートコーン、ブロッコリーやオクラにトマトなどを刻んだ生姜の存在感たっぷりなタレをまぶして頂く趣向。これも初体験なお味。センスありますな~。

菜格1606-4

で、今回4種類だけ予約時にお願いした1品のうち1つめ。ベタですがよだれ鶏。同じメニューを出すお店ではどれれんと濃度が濃いタレが多いように思うのですが、こちらがサラッと、切れアリなお味。美味しいです。

菜格1606-5

で、これもぜひ入れて!とお願いした蒜泥白肉なり。雲白肉より辛さはぐんと控えめで、大蒜を使った甘まろやか系ソースがこれまた美味しい。皆、どんどんアルコールのピッチが上がるのですな。なにせご主人とサービスのお姉さんが2人体制! のんびりとお料理が進む。

菜格1606-6

まこも茸といんげん、ひき肉の炒め物なり。まこも茸のしゃくしゃくした良い食感に、干し海老を隠し味にしたひき肉を絡めて頂く趣向。いやー、これもアテになる野菜料理ですな。

菜格1606-7

で、早々と10年物も開けてしまうわけで。(2本かな・・)こっちテーブルではシェリー酒はもらわなかったのですが、中華にシェリーが合うぞ!との意見多数。

菜格1606-8

このお店看板メニュー、鶏肉の辛い炒め物なり。作っている際にキッチン奥に近いカウンターに座っていると大変なことになるのですが、今回はテーブルだったので被害最小。香りづけの唐辛子がこれでもか!と入っているのですが、香ばしい辛い香りだけで飯が食えます。辛いもの好きには大推薦!

菜格1606-9

欠点は食べるところが意外に少ないところ。しかし、お酒が進むのは保証~。

菜格1606-10

で、ここで優しい味の蒸しスープにスイッチするのが小憎らしいのだ。蕪、それに干ししいたけを使ったあっさり味が体に沁みわたりますな。。ますます呑めてしまいますな。。

菜格1606-11

で、5年物を呑んでいなかったので、途中で紹興貴酒の5年物を割り込ませる。こちらのほうが雑味の少ない軽いお味。基本、高いほど呑みやすくなるのは変わらないのですが。

菜格1606-12

途中で、お凌ぎで出してもらったおつまみ。揚げたサクサク唐辛子とナッツを辛い調味料パウダーで合えたもので、中国で類似のものを食べたことがあります。しかし、これは超呑める一品。豆好きには堪らない~。

菜格1606-13

海老ときくらげ、野菜類の辛い炒め物。これもチリソースほどではないがピリ辛系で美味しいですな~。丼にしたら成立するのは?と思いつつにんまりと完食。で、いよいよ、怒涛の〆メニューなのだ。

菜格1606-14

白御飯7人前とともに出して頂いた麻婆豆腐。実は辛さはそれほど強くなく、味噌の甘味、深みとともに頂くお気に入りの一品。しかし、中華系メニューでは白御飯にこれほど合うものがあろうかと・・。

菜格1606-15

といいつつ、酒呑み御一同に開けられてしまった20年物。高いほど呑みやすい!のは確実でしたな。。

菜格1606-17

で、〆2段目の自家製XO醤炒飯で炭水化物まみれなわけで。。。いやー、至福なり。

菜格1606-16

甘いものはこういう可愛いお椀で1人一個好きなのを、という趣向。キウイのソルベを頂いて超充実晩御飯終了。いやー、食いも食ったり! 呑みも呑んだり(いや、ウワバミが何人か含まれているので少なめだったかも汗)! 以上わいわいと楽しく呑めた約3:00。また、仕掛けますので、ご参加宜しくお願いします~。
 
 
 
 
◆中国料理 菜格
住所:京都市中京区二条通堺町西入観音町76
営業時間:11:30〜13:30(L.O) 17:30~22:00(L.O) 月休
TEL:075-744-0435
 
関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

ゆっこ  

よかった

はじめまして。引っ越し前から 拝見してました。
なかなか更新しないので、もしや 食べ歩くお金がなくなった?v-35
それとも身体を壊した?v-39 心配しておりました。

京都の中華、いいですよね。私も好きです。
雪国在住なので、年2~3回ほど上洛してます。先日は最古エレベーターのお店へ。
洗練された蹴上や御所のシティホテル中華とは違いましたが美味しかった。

ほんとはスイカさんが紹介してる地元民御用達に行きたいのですが
祇園の老舗&大衆洋食店で ぼったくられて以来、よそものは余所者らしく
無難なところにしてます。ミニステーキ単品5千円に付けたごはんが2千円!
洋食弁当より高いって?!
(タクシーはあるけど食事処では初めてです。)

なので、次回 スイカさん御一行に入れて頂けたらと祈念しています!

2016/06/28 (Tue) 15:09 | EDIT | REPLY |   

スイカ小太郎。  

元気で活動中です!

ゆっこさん、コメントありがとうございます。
土日に活動した成果を平日にご披露する、という方針で書いているので、
健康的に活動している場合は週4・5回ペースで更新しています。
3日更新が止まるのはしょっちゅうです(今回は日曜日に3時間かけて
書いたネタが見事に2本とも消えてしまったので。。。)

>祇園の老舗&大衆洋食店で ぼったくられて以来、よそものは余所者らしく
>無難なところにしてます。ミニステーキ単品5千円に付けたごはんが2千円!

私、京都に来てから丸5年になるのですけれど、京都に多いというぼったくられ店
に出会ったことがありません。
前情報無しで行っているお店も20%ぐらいはあると思いますが、基本、Facebookなど
で有名なお店が多いからだと思います。。うちのblogで書いているお店には
そういうお店は混ざっていないと思いますよ。

>なので、次回 スイカさん御一行に入れて頂けたらと祈念しています!

とりあえず、Facebookでお友達申請を~!
 

2016/06/28 (Tue) 21:48 | EDIT | REPLY |   

Add your comment