FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

蕎麦處 笹屋@烏丸通仏光寺東入ル

2018
11
またまた季節外れの風邪でへろへろな一週間。なんとか週末にまで持ち込んだ!のですが、まったく予約を入れていない久々の週末。梅雨入りというのに、抜けるような青空に。で、ランチは蕎麦でちょこっと呑むなんてどうよ?ということで、やってきた地下鉄四条烏丸駅。

笹屋1
 
お店の名前は、蕎麦處 笹屋 。2003年オープンというから既に15年目ですかね、烏丸通仏光寺東入ルという説明なのですが、四条烏丸交差点からだと、一本南に下がって綾小路通を東に、大きなPAがある一本目の路地を南に50m更に下がるとこういうお店が見えてくるのだ。 烏丸御池交差点南東角の三菱UFJ銀行からなら徒歩3分、というところ。11:30オープンで5分ほど早めに到着したのですが、我々が1組目、後に子供連れの3人客、おひとり様など数組が。

笹屋2

靴を脱いで上がるシステム。店内の一番奥の12名ほど座れる大きな相席用のテーブル席に案内される。あとは、4人掛けのテーブルが2、カウンター席が6人分ほどですが、お昼はカウンター席は配膳準備テーブル化しているので使われていない模様。寡黙なご主人、それににこやかな奥様の2人体制なお店。(尚、お昼も満席にはされないようで、大テーブルにはカップル3組がMAXでした)

笹屋3

ランチ時は、豊富なセットメニューが御覧のものを入れて、全10種類。松竹梅は付いてくるご飯ものの違い(鮭イクラ丼・蛸飯・麦飯)で¥1500、1600、1800の3種類。お酒のアテになりそうなものがついてくるので、竹と松をお願いするのだ。

笹屋4

で、お酒類も非常に豊富。既に蕎麦屋レベルではありませんなあ。私は山形のくどき上手純米吟醸¥850を、相方は奈良の往馬(いこま)¥650をチョイス。

笹屋5

グラスですが150ccは確実にありそうな、しっかり量なのが嬉しい我々だ。くどき上手は期待通りのフローラルな綺麗なお酒。往馬はちょっとひねた感じもある面白い味なのですが、しっかり系のアテ類にはよく合いそう。

笹屋6

で、呑んでいる間にまずは松がじゃじゃーんと登場。蕎麦以外のものが一気に出てくるシステム。 鮭イクラ丼に、汁と具が1:1ぐらいの超具沢山豚けんちん汁(味噌も自家製な模様)、それに今年1発目の鱧落とし、湯葉刺しにダシ巻、瓜のお漬物まで気が配られているのだ。 

笹屋7

とりあえずアップ写真の鮭イクラ丼。すし飯ではありませんが、ほぼ期待通りなお味でにっこり。

笹屋8

こちらは相方注文の竹。蛸飯がなんとも心くつろげる系なお味で、蕎麦の仕上げに良い感じ。呑む人ならこちらもいいかもですねえ。 で、鱧などをつついていると、蕎麦が登場。蕎麦も二八に田舎、十割、それに蕎麦ではありませんが切麦がチョイスできるのだ。

笹屋9

まずは十割。薄緑色の綺麗な蕎麦で、これは見たまんま美味しそう! ぜひ塩でもどうぞ!とテーブルの上に置いてあった独楽の形の塩入れを進められる。蕎麦としては若干太目ですが腰もしっかり、いやー、これは良いものです。

笹屋10

田舎は更に腰しっかり系。相方は、これは美味しいわ~と相当気に入った模様。けんちん汁を含め、ご主人は関東方面のご出身ですかね。間違いないお味ですな。

笹屋11

流石にお腹パンパンでほっこりしていたら出てきた蕎麦湯。しっかり蕎麦粉が入った重湯的なとろんとろんなもので、最後まで大満足でした。 

笹屋12

いやー使いやすくて良いお店ですな、こちら。 調査したところによると夜遅い時間帯は、カウンターで美味しい日本酒に合う超豊富なアテで一杯呑んで、蕎麦で〆みたいな使い方ができる一軒。なにせ四条烏丸交差点から徒歩5分圏内という至極便利な立地なので、また、近隣の蕎麦屋さんに振られたら、やってきそうな予感ですな。 ご馳走様でした!
 
 
 
◆蕎麦處 笹屋
住所:京都市下京区烏丸通仏光寺東入ル上柳町315-10
営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~24:00(L.O.23:00) 日休
TEL:075-344-6708

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment