FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

伏見酒呑みミニツアーその1(楓と大倉記念館)@2018/8/18

2018
20
まだ続く、夏休みネタその10です。
伏見に越してきてから7年、以来お付き合いいただいているFB酒呑み友とお話していると、京都市内中央部や山科区にお住いの人にとっては、我が町伏見とは相当に遠くて足が向かない場所で、飲み歩いたことなんてほぼ無いよ!と言われる方が多くてびっくりするのだ。で、以前から「伏見ツアーやりましょうよ~!」とリクエストしてもらっていたのですが、ようやく!実現させましたのでご報告。14:00スタート!という昼酒満喫ツアーで、想像通り超大作になりましたので3部作でお届けいたします汗汗。

伏見ツアー41

で、時は8月18日土曜日。14:00に京阪中書島駅に集合した好き者6名。今日は口火を切る日本酒Barのみ予約をしていて、後は成り行きで!という作戦。

伏見ツアー1

やってきたのは既に当駄blogで3回目の登場、Sake cafe 楓fu。京阪中書島駅から徒歩1分ほどの駅近物件。というかこのお店ができたので伏見ツアーを企んだのですな。通常は15:00オープンなのですが、今回はお願いして14:00オープンにして頂きました。
カウンター席に6人がずらっと並ぶ。

伏見ツアー2

で、南瓜の炊いたん、酢タコ、切り干し大根などお手製のほっこりおばんざいをアテに・・

伏見ツアー3

本日の1回目のいつものお約束写真。今日は何回乾杯するかなあ~?!と思いつつ。

伏見ツアー8

本日のお酒メニューの一部。ご主人が宮城に居られたことがあるので東北の酒が充実している、この辺りでは珍しいお店。更に仕入れすぎて現在36本!だそうです。夏酒のスッキリ系はそろそろ仕舞いで、いつもは冷酒はグラス提供なのですが色々呑み比べしたい!ので、片口に1合提供でお願いしました。(先が長いので慎重に・・・汗)

伏見ツアー4

で、伏見に敬意を払い、左の「英勲 特別無濾過生原酒 無圧しぼり」からスタートなり。更に滋賀の波乃音酒造「Hallelujah(ハレルヤ) 純米吟醸 無濾過生原酒」、長野の「十九 入道雲 Il Cumulonembo(イル クムロネムボ) 」と進行。

伏見ツアー5

更に人気の福島は廣木酒造「飛露喜 特別純米」、宮城は寒梅酒造「宮寒梅 鶯咲 純米酒」、更に宮城は男山本店「蒼天伝 美禄
特別純米 初呑み切り」と進行。 今調べまして、この飛露喜、五勺¥600は安すぎだろう~と思いつつ。メンバーに飛露喜の値段を当ててしまう福島県人Sちゃんが混ざっているのですが(汗)、流石にこのお店の宮城のお酒は知らないものがほとんど!だそうです。 

伏見ツアー6

こちらは、参加メンバーDさんが皆で味見しよう!と持ち込んでもらった獺祭島耕作を頂くのだ。いやー、色々物語のあるお酒ですが、ちゃんとした純米大吟醸。ありえない超高CPですな~。売価のうち¥200が先の西日本豪雨の義援金に充てられるそうです。

以上で大満足しつつ、1:15ほどで次の酒場に行こう!ということに。


 

◆Sake cafe 楓fu
住所: 京都市伏見区南新地4-1
営業時間:15:00 - 21:00 月・木休(祝祭日は営業)
TEL:075-748-8733


伏見ツアー7

まずは伏見の酒造りの勉強をしよう!ということで、酔い覚ましを兼ねてやってきたのは、ベタですが月桂冠大倉記念館。中書島駅から歩いて10分ほどかな。途中で十石舟乗り場や長建寺などの観光スポットを眺めつつノンビリやってくる6人。

伏見ツアー14

百日紅が満開な夏空の下、威風堂々な立派な酒蔵。現在の酒蔵は2か所あり、竹田街道沿いと油小路通の西にある現代的な工場なのですが、こちらが江戸時代、月桂冠の酒蔵だった場所。

伏見ツアー9

地下水脈が琵琶湖と同等の水量がある、という京都ですが、その中でも伏見は名水の地として名高い。こちらは大倉記念館内に残る名水「さかみづ」なり。真夏の最中なので流石に冷たい!まではいきませんが柔らかい~、優しいお水。この名水が伏見の酒を生み出すのだ。

伏見ツアー10

で、記念館内は立派な酒造り資料館になっているので、少々お勉強。 古地図マニアの相方は伏見の古地図に釘付け状態。

伏見ツアー11

昭和初期の宣伝ポスターも味が合って良いですなあ。結局30分ほどまったり。

伏見ツアー12

で、当然利き酒コーナーも併設! 今日2回目のミニ乾杯~。月桂冠の「レトロボトル吟醸酒」、それに「玉の泉 大吟醸」、海外輸出商品の「プラムワイン」の利き酒ができるのだ。

伏見ツアー13

入館料は¥400ですが、大倉記念館オリジナルの純米吟醸酒一合が付いてくる!のが気が利いていますな。で、まだ16:00前なので、お次の酒場を目指すことに。 その2に続きます~。
 
 

 
 
◆月桂冠大倉記念館
住所:京都市伏見区南浜町247番地
営業時間:9:30~16:30 年始・お盆休 (HPで確認
TEL:075-623-2056
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment