FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

碓屋で久々ランチ(4)@三条商店街

2018
02
先日、錦市場で一人贅沢鰻ランチを堪能したネタを書いたら、相方からこの週末は鰻を食べたい!とのご提案。で、どこが良いか検討し、久々に「碓屋」に行ってみたいと意見一致。で、前日予約でやってきた三条商店街。商店街の中央ほどにある、こういう緑色の大きな暖簾を探すのだ。

碓屋1

大阪の有名鰻店ご出身のご店主、それにほっこりサービスの奥様が二人三脚で回す小さなお店。超久々だったのに我々を覚えて頂いていたようで、お久しぶりです~!とご挨拶し、メニューを確認する。もう2年ぶりほどですかねえ。

碓屋2

ランチは二段重ねのお重「う飯重」がメインで、上質な季節のお煮〆が盛り込まれた一の重、それに鰻ご飯の二の重が楽しめ、¥1500というお手頃価格。が、鰻を目的に来ると少々鰻が小さいなあ~、という感じだったのですが、今回やってきたらう飯重の鰻サイズアップ!がリストアップされており、上が¥2200、特上が¥3000。特上で鰻が半身サイズにアップグレードされるのだ。 (昨年メニュー改定されたようです)相方共々、速攻で特上!と声を揃えて注文。

碓屋4

で、お料理を待つ間にキリンクラシックを呑みつつのんびり。¥600なり。 四条烏丸から歩いてきたので暑くて、ほぼ一気飲み状態。(汗汗)

碓屋3

日本酒も豊富で、当然ランチ時もOK。折角なので、お願いする?ということに。片口で一合提供です。

碓屋7

山口の地酒、原田 純米吟醸50を。玉川ice breakerと同じように氷で割って頂けるほどの、トロリと濃厚なお味なのですが、美味しいですなあ。(我々は氷無しの方向で) でいよいよお重が登場。

碓屋6

さあ、開けますよと。

碓屋8

おもわず、うわ~!と小さな歓声が上がってしまう、密度感。

碓屋9

とにかく!、お煮しめなど和惣菜が凝縮された一の重の盛り込み度合いが凄いのだ。お煮しめはおくらに青瓜にさといも、南京に人参、牛蒡、大根に茄子、高野豆腐に海老という布陣。それにしっとり上質な鴨ロース、小さな器に入っているのはもずく酢、それに青菜と鶏ささみの炒め煮的な。揚げ物は当然揚げたてで、生麩と白身魚。 忘れてはいけない非常に上質なダシ巻!と、どれも素材の味を引き出す上品な薄味で、口に入れると思わずにんまりしてしまう美味しさ。 我々とすると、必然的に日本酒!となってしまいますなあ。

碓屋10

で、う飯重。当然腹開きの地焼きなのですが、しっとり仕上がっていて非常に柔らかいのだ。特上になると流石に鰻食った感あり!ですな。 タレはさらっとした甘味がそれほど強くないもので、白飯に全体的にまぶしてあるのも好み。 近江のえんこう米(減農薬 無化学肥料)で、固めに炊かれていて、大満足でした。

ランチのお重は限定二十食ですので、ぜひ事前にご予約を。鰻丼もありますので、そちらは席があれば予約無しでもOKですが、碓屋さんではぜひ、このう飯重を食べて頂きたいですな。 
我々は以前こちらで、夜にこじんまり呑み会を行ったのですが、御主人に大勢でお邪魔しますので!と宣言し、帰ってきました。ご馳走様でした、また来ます~。
 
 
 
◆碓屋(うすや)
住所:京都市中京区三条通大宮西入上瓦町58
営業時間:11:30~15:00(L.O.14:00) 17:00~22:00(L.O.21:00) 水休
TEL:075-823-0033
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment