FC2ブログ

毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

ファミリーキッチン Pu@御室仁和寺

2018
16
超忙しかった一週間、ようやく敬老の日を含む三連休に突入した土曜日。
もうヘタヘタにへばっているので、お気に入りスーパー銭湯で汗を流しに、という作戦。で、いつものごとくどこぞでランチ!ということになるのですが、やってきたのは京福電鉄北野線の御室仁和寺駅前。ここに旨いカレー店があるのだ。

pu1.jpg

お店の名前は、ファミリーキッチン Pu(ぷう)、可愛らしい店名ですが、開店6周年を迎えたカレー店なのだ。3年ぶりほどの再訪。ラーメン・カレーは食べ歩きメニューでも別格で、特にカレーは自分でも下手の横好きで作りますので日々研究をしているのですが、現在京都にあるカレー店で好きな店を挙げよ!と言われたら確実に3本指に入る一軒。

pu2.jpg

好きな理由は、最近人気の南インドやスリランカ、パキスタンにバングラデシュなど各国レシピを取り入れて、ではなくて、上手に日本アレンジの独自世界を展開されているところ。その独自世界はこちらの看板にある季節変わりの「御室カレー」で顕著なのだ。久々なのでワクワクしつつ店内に。

pu5.jpg

店内は手作り感溢れるインド風。白壁がお客さんが書いた落書きで埋め尽くされていて、読んでいるだけでなかなか和める空間なのだ。御覧のカウンター席が4席、それに2人掛けテーブルが2の4人掛けが2かな、のこじんまり空間。

pu3.jpg

御室カレー以外の全カレーメニュー。ファミリーキッチンを名乗るだけあって、ベースのカレーはあまり辛くしておらず、1皿づつスパイスをテンパリングして加える調理システムなので辛さ調整も自在。 お子様でも安全安心システムで、実際先客は小学生2人を含むご家族連れだったりするのだ。辛さアップも無料なので、相方は御室カレーの「ピリ辛」、私はチキン・キーマあいがけで両方とも「ゴリ辛」をお願いするのだ。 しかし、ゴリ辛という表現からして、オリジナルなお店ですな。

pu4.jpg

で、いつものごとく休日を輝くものにするべく!なのですな。ハートランド小瓶は¥400なり。ノンアルも多分同額。

pu6.jpg

カレーにはしっかり量のサラダ付き。上にかかっている豆状のものはインドのムング豆を素揚げしたもの。カリカリと良い食感で、甘口の自家製玉ねぎドレッシングも辛いカレー前のスターターとして良い感じ!なのだ。

pu7.jpg

で、注文、チキン+キーマあいがけ+鶏手羽トッピング¥100、ゴリ辛で合計¥1200なりが、でーんと登場。珍しく上から写真。
ゴリ辛は確かに相当辛めで、辛いもの好きが良い感じでヒーヒー仰け反れるレベル。が、油分控えめのベースのダシが優しくて、相当辛味を加えているのにバランスが崩れていないのだ。 キーマもがっちり辛いのですがトマトと生姜、それにピーマンの風味がアクセントで、これまた旨い。 カレーをまぜまぜして相乗効果がある組み合わせではありませんが、それぞれがちゃんと自己主張し旨し~。 大汗をかきつつ、ふうふうと頂く。

pu8.jpg

で、こちらは相方注文の今週の御室カレー。こちらもキチンカレーなのですが、1cmほどの長さの牛蒡輪切りがごろごろ入っていて、花山椒の風味がよいアクセントになっているのだ。牛蒡+山椒の風味がカレーと非常に合っていると思いますなあ。ナイスアイデアなので、自宅でもパクらせてもらいます! ちなみにたまに週替わりで麻婆豆腐カレーを出されているのですが、それも非常に美味しいので、オンリストしているときは是非挑戦を。 尚、御室カレーはノーマル版から子供さんには難しい辛さレベルになります。

やはり、Puは旨い!と再確信し、ニコニコと完食。ぽつぽつと雨模様だったのに帰りがけには満席になり、人気度合いも再確認。また、近場に立ち寄った際には必ず寄らせてもらいます~。
 
 

 
◆ファミリーキッチン Pu(ぷう)
住所:京都市右京区御室小松野町25-21
営業時間:[月〜金]11:00~17:00 [土・日・祝]11:00〜16:00 不定休
TEL:075-406-0430
 
 
pu10.jpg


お店を出て北に顔を向けると、仁和寺の山門が威風堂々とそそり立っているのだ。ちと散歩に行きましょうかね・・
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment