毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

〆屋@薬師通掘川東入ル

2016
02
いやー、非常に良き居酒屋さんに巡り合いましたので、ちょっと気合を入れてご紹介。お店の名前は、〆屋(しめや)、前日、19:00予約で席を押さえてやってきた薬師通掘川東入ル。

〆屋1

丹波橋に住んでいる我々には、ま、あまり便利とは言えない場所。我々は阪急大宮駅からトコトコ歩いて15分なり。店内に。今日はご年配ご夫婦2人で回されている模様。今日は奥の個室にグループ客(後で聞いたら10名ほど入れるらしい)、それにカウンターに3名、と言う状況。

〆屋2

予約席!の表示があるがなにせ2人で回されているようなので、調整のためでしょうな・・。メニューはおばんざいもありいの、京都的居酒屋さんで、来られていた2組も地元ではなくて旅行者のようだ。テーブル上にはおばんざいの大鉢が何種類かずらずらーっと並ぶ。それに特筆すべきはこれ。

〆屋3

日本酒メニュー。なかなか豊富且つ非常に良心的価格。片口はしっかり1合なので、我々とすると下の¥800シリーズを順に確認したい!的な。 とかいいつつ、初めの1合は石川県は遊歩(赤)からスタートなり。旨口ですな~。いやー、まったり。

〆屋4

大鉢のおばんざいから当然攻めるでしょう~ということに。白和え、万願寺とちりめんじゃこの炊いたん、それに鶏キモ煮。どれも外さないお味ですな~。嫁推薦はあっさり生姜で仕上げた鶏キモ煮、私は白和えを! 激ウマでした。

〆屋6

刺身盛り合わせは¥1800なり。白いのはスズキです!と説明は最低限。シャコに鱧落としに生蛸に鰹たたき、マグロに貝柱、それに鯛、と8種も盛り込んでいるのですな。これまた超良心的~。

〆屋5

2合目は埼玉は、琵琶のさざなみ大辛口をチョイス。確かに相当な辛口!。GOODです。カウンターの関東方面から来られた先客さんとご主人の明日回る京都案内に耳を傾けつつ、なんだか速やかにまったりしてくるのだ。

〆屋7

あれば注文している鴨ロースは¥1200なり。冷製ですが、これもジューシーで非常に良き仕上がり。。


〆屋8

口直しに注文した、おばんざいでキャベツの浅漬けなり。ま、期待通りなお味です。

〆屋9

桜エビかき揚げは¥800なり。さっくさくで香ばしく。いやー、外しませんな、こちらは。次に嫁お気に入りの日本酒Barに行こう!ということになり、ちょっと少ない目だけれどお開きに!ということに。で、2合しか呑んでいませんが2人で¥8000割れで、驚きましたです。

某食べログ情報によりますと、お店の賃貸契約の関係であと4年ほどで〆られる予定だそうなので、その前に通ってしまう気満々かもです。いやー、日本酒好きなら確実にまったりできる良きお店です。また、きます~。

 

  
◆〆屋
住所:京都市中京区蛸薬師通り堀川東入る亀屋町272
営業時間:[月~土]17:00~23:00(LO22:00) 水休、第2火休
TEL:075-255-5055


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment