毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

広東料理 鳳泉 @河原町二条上ル

2016
10
暑い、とにかく暑い京都地方。今年最高の37℃に突入したとかしなかったとか、の日。今日も最寄り駅まで歩いていく根性が無いので、嫁の運転で軽やかにランチに行って、週末の買い物を済ませて帰ってこよう!という日曜日。で、なんだか中華気分で、以前から気になっていた中華料理店を目指すのだ。お店の名前は、広東料理 鳳泉 。2009年に惜しまれつつ閉店された京中華の名店、鳳舞うの流れを汲むお店だとのこと。外から見ると、中を覗けないので人気店オーラがほぼ無いのだが、後程人気度合いにびっくりするのだ。

鳳泉1

お店は河原町二条上ルという非常に目に付きやすい場所にある。開店後、速攻で並ぶ!と言うのを聞いていて、開店時間10分ほど前に近隣のコインパーキングに到着。既にご年配ご夫婦がこの超暑い中並ばれていて、びっくり。開店して店内に。既に予約の札が置いてあるテーブルが16席分ほど。開店したとたんにどこからやってきたのか、次々にお客さんが来て、11:40には予約席を残して満席になったのだ。更にびっくり。

鳳泉2

メニューは写真が入ったのもあるのだが、テーブルに置いてあるこれも気分。嫁と、どことなく神戸にある別館牡丹園とかと同じ空気だよねぇと話し合う。ルビが読み方ではなく微妙な解説になっているところがキモ。フーヨーハーだけ浮いていますが汗。

鳳泉3

満席になる前に押さえた店内雰囲気。特に中華的な飾り付けもなく、シンプルこの上ない店内。外から見るより広い感じで、40席はあるかな、と言う感じ。中二階風に6席ほどの座敷席が店内にあるのが面白い構造。

鳳泉4

注文して5分も立たず速攻で料理が次々にでてくる。基本、ランチメニュー無しなので、アラカルトを好きなだけ、というスタイル。
j事前調査で確認した定番ばかり4種を注文。まずは、撈麺(エビカシワソバ)¥755なり。御料理はすべて税込み価格。えび・鶏・青ネギ・レタス・しいたけを優しいあんに絡めた餡かけそば。こちらではテーブルに置いてある練り辛子を掛けて頂くのが定番なようですな。

鳳泉5

中ぐらいの太さの中華麺に、なんだか懐かしさ満載なお味。あっさり普段使いの極みですな。いやー、良いです。(辛子、無くてもOKなんですけれど汗)

鳳泉6

で、どなたかに京都引っ越し早々、ここの春巻きを食べよ!(もう5年前ですけれど)、と教えてもらったので気になっていた春巻は¥970なり。筍のしゃきしゃき感がGOOD! イヤー確かにこれは人気メニューでしょうな。神戸にワープした錯覚が。。

鳳泉7

嫁に運転をお任せして、とりあえずグビグビプハー!の幸せを満喫。

鳳泉8

炒飯(ヤキメシ)は¥645なり。海老にチャーシュー、玉子にネギ、までは結構良くある構成ですが、椎茸が入っているのが珍しいかもですな。これでもか!としっかり炒めた感濃厚なパラパラさ。旨しです!

鳳泉9

で、このお店で一番気になっていたメニューがこちら。椒醤酥鶏(カラシミソ)で¥1080なり。さくっと揚げた鶏肉に、さっぱりした重くない甘酢餡に赤トウガラシ粉がしっかり仕込まれているのが非常~に面白い。かなり刺激がある過去食べたことが無い餡ですな。。。材料が豊富ではなかった昭和初期に開発されたマイナスαなレシピのような気がしますが、これもアリです! ビールの良きアテになりますな。。

以上で¥4000と超~納得価格。確かに人気なのも了解!なお店でした。メニューは30種類ほどですが、一つ一つ試してみたくなる良きお店ですな、また来ます!。




◆広東料理 鳳泉
住所:京都市中京区河原町二条上ル清水町359 ABビル 1F
営業時間:11:30~20:00 月休
TEL:075-241-6288

 
 
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment