毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鮨人@富山県富山市

2016
18
1週間ぶりのご無沙汰、生きておりますスイカです。
11日に突入した夏休み、今年は北陸方面に遊びに行っておりましたので、旅行中に立ち寄ったレストランネタがいくつか続く予定です。 で、一日目の夜ネタが、ご店主の説明情報量が非常に多くて既に記憶があやしーくなっておりますので、まずはそちらから。旅行1か月前ほどに予約して伺いました。

鮨人1

お店の名前は、鮨人。京都に移住してきてからのFB友で、私なんかより遥かに食通な方が、タイムラインに美味しいよ!と書かれていたのを見て、ビビビときたのですな。(食べログでも評判が良い、というのもあります) 富山駅からタクシーで¥1300ほどの位置。行きは富山駅からちんちん電車に乗って10分、最寄り駅から歩いて15分、という感じでのどかに(が、結構暑い中を)やってきたのだ。長髪を頭の後で括っているトーク軽快なご主人、サブのお兄さん2名の3名体制? (焼き物などは奥で仕上げているので4人かも)なお店。

鮨人2

お店はカウンター席が10席、個室が別にありそちらは8席だそうな。基本御料理はコースで、予約時に¥10000のをお願いしておいたので、メニュー選定に悩むことなく。事前に好き嫌いは聞いてもらえる仕組み。

鮨人3

まずは、バイ貝の薄造り。スダチ果汁と塩をしてありそのまま頂ける。先に貝を口にいれてから山葵を食べると美味しいと思いますよ!とご主人。海の香りとスダチの酸味、それに山葵が見事なハーモニーを奏でるのだ。
お酒もお任せでお願いする。富山産の地酒が色々そろっているようで、まずは富山市内から満寿泉(ますいずみ)の純米×2を頂くのだ。冷酒はこういうグラスで出してもらえる。

鮨人4

次も、思わず嫁と顔を見合わせた、咽喉黒のしゃぶしゃぶ。のどぐろを寿司ネタほどに切ってあり、さっとしゃぶしゃぶして、大根卸とポン酢で合わせてある。火入れはさっと表面だけが白くなった半生状態。いやー、これは旨いものですなぁ。これまた素敵に日本酒が進むのだ。(実は、私の本日一がこちら)

鮨人5

で、アテ系なメニューとお寿司がランダムに出てくるのが面白い。次はなんだろう?とワクワク。富山産白エビ、石川産甘エビの昆布締めで、おめでたい「紅白にぎり」、だそうな。鮨酢には赤酢を使っているので、シャリはほんのり珈琲色なのですが、角が無い優しい酸味・甘味コントロールにうっとり。海老の旨みがとろけまくります!

鮨人6

お次は、これも旨いなぁ、と大感心した咽喉黒の串焼き。山椒をさっと隠し味に。見事な火入れにうっとり。奥は紅ずわい蟹にぎり。

鮨人7

で、雲丹でも「山葵はあとで口に入れたほうが美味しいですよ~」とガイドされるのだ。確かに!

鮨人8

で、途中でこういう口直しが出てくるのが楽しい。梅肉ソースの掛かった熱々茶碗蒸し。「昔はスプーンが無かったので、箸でぐじゅぐじゅと潰して呑んだのですよ~」とご主人。ほっと一息、インターバル的な。

鮨人9

グジの焼き物。良い感じで脂乗ってますな~。これまた激しく日本酒を誘うお味。で、富山地酒巡りで、更に2人で勝駒×2→太刀山→林(全部純米)を頂いたと記憶。勝駒はお土産に買いたかったのだが、生産量が非常に少ないので富山のお店でも出しているところは少ないですよ~とのこと。(次の日、勝駒の酒蔵がある高岡の酒屋を覗きに行ったのですが、確かにそうでした)

鮨人10

ピカピカに光り輝く、真アジ。これまたとろけまくる旨さ。青魚好き大推薦! お寿司ではこれが一番好きでした。

鮨人11

で、白身が2種出てきたのだが1枚の写真を大失敗。富山産のアラ、ともう1種。こちらは、ヒラメのこぶ締めかなあ。。。滝汗。

鮨人13

赤イカ。隠し包丁がしっかりと縦横無尽に入れてあり、口に入れたとたんイカの旨みがぶわーんと広がるしかけ。

鮨人14

大将拘りの大間産本マグロ。中トロですかね。実はお寿司屋さんではマグロを重視しない派、なのですが、これは旨かったです。

鮨人15

巻物は手渡しで、ぱりっとした焼き海苔の中には焼き鰻とキュウリ。甘タレも程よい感じで、これまたにっこりな鰻好き。

鮨人16

で、最後にまた唸ってしまった、アラ汁。どういう手法なのか、魚ダシ・海老ダシが超!濃厚。スープの色から赤だし?と思ったのだが、味噌は使っていないそうな。ジャパニーズビスク、ですな。これも超!旨かったです。

鮨人17

〆は、塩ミルクの最中。さっくり香ばしい最中皮に、能登産の塩を使ったアイスが見事なマッチングを見せる一品。これも美味しかったです。 お料理がコース仕立てなのと、我々の後にまだお客さんが待っておられるので、追加のお願いがしにくいのが唯一の欠点!かな。 で、結局、2人で7合も呑んでしまい(滝汗)、〆て¥32000なり、というお支払い。お安くはないですが、全然想定範囲内。

食べ歩きでそんなにお寿司屋さんを巡っているわけではないのですが、過去行った中でこれは大好きだ!と思った一軒。いやー、旨かったです。雪の季節にまたやってきたい!です。
 
 

 
 
 
◆鮨人
住所:富山県富山市新根塚町3-5-7
営業時間:12:00~14:00 18:00~21:30 日休
TEL:076-422-0918

関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment