毎日快晴時折曇天4 京都伏見暮らし

関西系、食い意地blog /スイカ小太郎。

鮨処 あいじ@石川県金沢市

2016
20
怪しい記憶力に抗い一気に書き上げる(汗)、夏休みの北陸旅行ネタその5です。
高岡で予定よりもまったりしてしまったので、金沢についたらもう15:00を回っていて、ホテル周辺を散策してシャワーを浴びてなんぞしていたらあっという間に夕食時。 これまた1か月前に予約しておいたお店に向かう。お店の名前は、鮨処 あいじ。その前に1軒、有名店に予約電話を入れたのだが、驚くべきことに1か月前で予約が埋まっていた。こちらは比較的リーズナブルにお寿司を頂けるとの情報。事前に19:00から、¥8000のお任せをお願いしたのだ。
その日は香林坊にあるホテルに泊まっていたのですが、そこから徒歩7分ほど、犀川の畔の良い感じな繁華街にある。

あいじ1

お店外観。カウンターが8席、奥に個室、更に別入り口にも個室がある模様。現在大将とサブのお兄さん、焼き手のお兄さんなど4名体制。カウンターには関東方面からのお客さんが2組。我々が入って、個室も含め満席に。流石、金沢の寿司店は人気ですな。。。

あいじ2

やっぱ日本酒を呑むでしょう~と、白菊の純米を。片口でしっかり一合。前日の鮨人のように、枡やグラスで日本酒を頂くと、ついついぐいぐい呑んでしまうので、こういう、コントロールしつつちびちび頂ける方が好きな我々だ。

あいじ3

突き出しはもずく酢。非常に太いもので麺的にずるずると頂ける。優しい酸味で良いスターターですな。 と、テーブル前にガスコンロがセットされ、なにやら御料理が準備されるのだ。

あいじ4

目の前の皿に、ハタ、赤イカ、子持ちの甘エビ、白とり貝が順にセットされる。お刺身で頂くか、ガスコンロにセットされた海老の頭が入ったダシでしゃぶしゃぶして頂く趣向。

あいじ5

一番気に入ったのは、白とり貝。白い身が火を通すとほんのりとピンク色に染まるのだ。ハタも軽く火を通すと旨いですな~。

あいじ21

次の焼き魚までのつなぎなのか、叩いたイカを使ったかまぼこ的な旨み満載なもの。うは、これまた呑める一品。。

あいじ8

お勧めの日本酒はありますか~!とお聞きして、出してもらった山中温泉にある酒蔵、松浦酒造の獅子の里 超辛純米なり。しっかりボディのある感じで、旨し、ですな。 こちらでは、お寿司のガリの代わりに、ニンジン、大根に加賀キュウリをちょっと太めに切って浅漬けにしたものが付け合わせなのが面白い。微かにローリエなどの香りがするので、大将に「これはマリネですかね?」と確認すると、確かにそのようだ。いやー、色々考えられますな。。

あいじ9

焼き魚は、焼きたて熱々なめだい。これは普通に美味しいです。きゃらぶきが付け合わせなのも、全体的に攻めている御料理を出しているお店としては、どうかな、ですな。。

あいじ10

で、いよいよお寿司。大ぶりの、といっても甘えびくらいの大きさな白えび。いやー、ぬったりとトロケまくりますな。。

あいじ11

甘味・味の深みしっかり目の甘タレが素敵に美味しい煮タコ。いやー、好きですな、これも。

あいじ12

白身はなんだったっけ・・・平目? 忘却の彼方で済みません汗。。

あいじ13

んで、これは非常!に印象深かった漬けマグロ。マグロ重視派ではないと鮨人ネタでも書いたのですが、これは激ウマ!

あいじ14

煮蛤。これも甘タレとのバランスが素晴らしい。

あいじ15

で、更に日本酒を推薦していただく。これまた金沢発の手取川、純米。もうかなり酔っ払っているのだ。

あいじ16

非常に丁寧に仕上げられたこはだ。これまた素晴らしいです。

あいじ17

先の海老の頭が煮えていたダシをあおさの入った吸い物に仕立ててある。芽ねぎと一緒にさっぱりと頂く趣向。〆1段目、という感じですな。

あいじ18

で、とどめのかんぴょう。ぐはっ!と驚くほど山葵を利かせている。大好きです。 で、以上でコース終了!なのですが、お酒が少な目だったので、もう少し入るなあ、と、我々より先に食べておられて、30分ほど前に帰られた4人家族が絶賛されていたものを追加するのだ。

あいじ19

赤イカの耳。超こりこり!。 いやあ確かに素晴らしい。

あいじ20

煮たこ、煮蛤が美味しかったので、旨くない訳はない!とお願いした煮穴子。ほっぺたが落ちました。大満足なり!

以上、どういう値付けか、日本酒3合で合計¥21000なりという超納得価格。お味は、前日の鮨人のほうが凄みがあるというか、驚きの連続だったのですが、こちらは驚くほど高CP。 美味しい!美味しい!を連発するお客さんと一緒のカウンターに座ったので、より楽しいディナーになりました。御馳走さまでした。また来ます~。
 
 
 
◆鮨処 あいじ
住所:石川県金沢市片町2丁目30-2 片町ペントハウス 1F
営業時間:11:00~14:00 17:00~23:00 日休
TEL:076-234-3733


関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment